All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013'04.12 (Fri)

夢のミステリー

何回も同じ夢を見たり続きを見たりすることってありますよね。

僕もあります。

そのひとつを紹介。

前世とか因縁とか何かあるのかもしれないなんて思ったりするとかしないとか。


おかげ横丁の赤福本店横の橋
15年くらいに渡って僕がよく見る夢の舞台。

この橋は先日僕抜きで伊勢旅行にいったのんちゃんが撮ってきたもので、伊勢市の観光スポット“おかげ横丁”にある赤福本店の脇に掛かっている。

実は15年くらい前に一度、当時付き合っていた彼女と行ったことがあって、この橋を見た記憶もある。

実際にはこの橋を渡ってはいないのだが、夢の中では僕一人が橋の真ん中で対岸からこっちに向かって走ってきている人たちを見ていたり、ものごい行列に加わっていたり、この橋を走ってなにかから逃げていたり、真っ暗ななか建物からの灯りか火事越しに外を歩く人々が版画みたいに画一的だったり、誰か知り合いっぽい男の人と「もう遅い」とか「僕はもう大丈夫」的な話をしたりしてて、何回も同じ夢を見たり、続きだったり色々ある。

対岸の木の感じも夢と同じ。ただ夢の中の橋は木と金属でできてた。

一体なんだ?

まあ、ただの夢ですから特に意味はないのでしょう。


追記:伊勢神宮にカップルでいくと女神さまが嫉妬して別れる言い伝えがあるそうな。(←情報源のんちゃん)

俺も伝説の生き証人になった。歴史に名を刻んだ一人か・・・フフフのフ。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 心と身体

20:47  |  思い出の1ページ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

言い伝えよりも生き証人の言葉の方が説得力があります。
カモメ先輩、ある意味すごいです。
さくらかあちゃん | 2013年04月14日(日) 18:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kamomesenpai.blog100.fc2.com/tb.php/828-d4b6c396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |