All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.28 (Sun)

最後の笑顔 (消すかもしれない重い話)

自分には心の中で勝手に「師匠」と呼んでいる人がいる。

横紋筋肉腫との戦いを始めた某大学病院でのこと。
消灯時間(夜9時)を過ぎても眠れない自分は、よくナースステーション前の食堂(椅子と机が並んでるスペース)で、テレビを見ていた。
正直、孤独だ。身辺整理・辛い治療・余命宣告・仲間なんて形だけ、人生の全てを失った気がした。テレビでも見て、少しでも気を紛らわすしかない。

「一緒にテレビ見ていいですか?」
パジャマ姿の、少し年上っぽい男の人が、ジュース片手に笑顔で話しかけてきた。「年代の近いガン仲間」、すぐに仲良くなった。
師匠は、僕の話を何でも聞いてくれた。どんな愚痴でも聞いてくれた。抗がん剤が効いて、ガンの痛みが消えたときは、我が事のように喜んでくれた。副作用が出始めたら、いろんなアドバイスもくれた。入院生活が少し楽しくなった。

1年が経つ頃、僕は僅かな可能性に賭け、更なる闘病のため、東京に転院する決意をした。
お別れの挨拶に行ったとき、師匠は末期だった。歩けない状態。もう2ヶ月も持たないだろう。
それでも笑顔で「頑張って。」と喜んでくれた。
(自分も、半年か1年後、すぐ追いかけます。)
心の中でそう言った。東京の病院でも、「もって1年、まず治らない。」と言われていたからだ。
最後の握手。泣き出しそうな自分を必死で抑えた。相方は堪えきれず、泣いていた。師匠は最後まで笑顔で送り出してくれた。
東京に転院してからも1回、メールで励まされた。最後まで甘えっぱなしだった。

今でも、師匠の最後の笑顔を思い出す。師匠の立場で考えたら、自分にはできない。今思うと、自分の辛さや苦しさを全て押し付けてしまった。自分の傲慢さに、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

ありがとうございました。貴方の分も前向きに生き抜きます。ご冥福をお祈りいたします。





スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

00:53  |  消すかもしれない重い話  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

尊敬できる人がいることは幸せです。
自分もそんな人になれるだろうか?
みんなには無理だけど誰かのためにはなりたいな。
shu | 2010年02月28日(日) 01:07 | URL | コメント編集

自分の大事なもの

師匠さんにとってのカモメ先輩はすべてを失ったときに見付けた大事な「弟」だったのではないでしょうか。すべてを失って初めて自分のいちばん大事なものに気づくこともあると思います。師匠さんは、残りわずかな命かもしれない自分でも、人に必要とされているんだと実感しながら生きていられたと思います。申し訳ない気持ちを持ったら師匠さん困るかもしれませんよ、カモメ先輩らしく感謝と前向きな気持ちで、これからはカモメ先輩が多くの人を勇気づける番ですね。師匠さんもそう願っているような気がします。
LOVE太陽 | 2010年02月28日(日) 08:36 | URL | コメント編集

心よりお悔やみ申し上げます
ちょび | 2010年02月28日(日) 09:41 | URL | コメント編集

こんにちは。

私がある病院で看護助手をしていたころ、末期の肺癌の方が
いらっしゃいました。
その方は七夕の短冊に、「自分の周りにいるひとが幸せになりますように」と願い事を書かれていました。

他の方はみな、ご自身の病気が治ることを願っていらっしゃったので
私は、その肺癌の方の短冊を読み、涙がとまらなかったことを
思い出しました。

カモメ先輩にも私はいろんなことを感じさせていただいてます。
カモメ先輩も師匠と同じ・・・。

私も自分の人生、ちゃんと生き抜こう!と思います。
ありがとう・・・・。
みーちゃん | 2010年02月28日(日) 11:01 | URL | コメント編集

ご冥福をお祈りします

以前、どこかで聞いた話。
亡くなった方の思い出話をすると、
彼の地でとても喜ぶんだそうです。
「あぁ、私は感謝され、思い出してもらえる存在なんだ」
それが供養になるんだそうです。
誰かの法要の時のお説法だったと思います。

カモメ先輩さんの師匠さんも
きっと、彼の地で喜んでいらっしゃると思いますよ。
らいにゃん先生 | 2010年02月28日(日) 11:10 | URL | コメント編集

出会う人ってね。どこか自分に似てる人なんだよ。師匠の気持ちがわかる、受け止められる、感謝出来るカモメ先輩も、きっとそういう人部分があるから、大丈夫!師匠も、甘えてきてくれた、カモメ先輩に自分を見たんだね。
omi | 2010年02月28日(日) 12:56 | URL | コメント編集

こうして厳しい状況の中での心の体験をWEBで公開してくださっていることが、
同じような状況にいる方々の、心の力の源になっていると思います(^^)

■音函 | 2010年02月28日(日) 15:56 | URL | コメント編集

こんばんは&はじめまして。
先日はマイブログへお越し頂きありがとうございました。
カモメ先輩の力強い生き方にすごく元気づけられました。
又、遊びに来させて頂きます!
いちごっ娘 | 2010年02月28日(日) 18:30 | URL | コメント編集

こんばんは

強さがあるから人に優しくなれるのか。
見せかけだけでない優しさがあるから、強く生きられるのか。
きっと強さと優しさは、同意語だと思います。
カモメ先輩さんも師匠さんも、同じ強さ、同じ優しさをもっていらっしゃるんでしょうね。
見習わなくてはいけません。
りん | 2010年02月28日(日) 20:46 | URL | コメント編集

カモメ先輩の大切な人が、天国で幸せに微笑むことが出来ますように。
心からお祈りいたします。
そして・・・
カモメ先輩の大切な人が出来なかった分も、
カモメ先輩が今ココで、幸せに微笑むことが出来ますように。
心に寄り添って応援いたします。

ぷくまま | 2010年02月28日(日) 22:30 | URL | コメント編集

はじめまして、洗濯や親父です。大変いい話、また、現実をこのように聞かされて、自分自身の健康のありがたみが身にしみます。自分も姪がガンで、若くして、この世を去った時から、生きること、そして、自分自身とは何か?この世に生を受けてやら無くてはいけないことなど、いろいろと考え今を行動しています。
洗濯や親父の達人への道 | 2010年02月28日(日) 23:06 | URL | コメント編集

人の優しさと強さを感じました。

「人」という字は二人の人間が支えあっている姿を文字に
したという説があるそうです。

その説には、その周りにいて見えないけど支える人がいる
ではなかろうか。

人は一人で出来る事は少ないと思いました。
brain mon | 2010年02月28日(日) 23:49 | URL | コメント編集

はじめまして。
足跡から追跡しました(*^_^*)

自分がつらい時に、人にやさしくできるって
すごくすごく大変なことですよね。

SLライダーも見習いたいです。

カモメ先輩の心に残った師匠のように
誰かの心に残るように人にやさしくありたいです。
SLライダー | 2010年03月01日(月) 00:15 | URL | コメント編集

コメントありがとうございます

shuさん
LOVE太陽さん
ちょびさん
みーちゃんさん
らいにゃん先生さん
omiさん
■音函さん
いちごっ娘さん
りんさん
ぷくままさん
洗濯や親父の達人への道さん
brain monさん
SLライダーさん

皆様、暖かいコメントありがとうございます。
簡単な返事でごめんなさい。頭が回りません。
このブログが、少しでも何かの役に立てれば幸いです。
カモメ先輩 | 2010年03月01日(月) 00:58 | URL | コメント編集

人生は出会いですね。

一期一会という言葉はカモメ先輩さんとご師匠のような出会いを言うのかもしれませんね!
素晴らしい師匠に出会い、そしてネットの世界を介して私もそのご師匠の事を知る事が出来ました。
教えは、例えその方がいなくなったとしてもどんどん広まっていく。
これもまた素敵な事だと思います!

また、たくさんの出会いをしにこちらに参らせて頂きます♪
april004 | 2010年03月01日(月) 20:47 | URL | コメント編集

april004さんへ

多分、僕は一生かかっても追いつけないと思います。
カモメ先輩 | 2010年03月01日(月) 20:58 | URL | コメント編集

こんばんは。
私も、2年前に大切な友人を亡くしました。

病状が悪化してからも、彼女は普通に会社に出勤して
なんと亡くなる2週間前まで、SEの仕事を続けていたそうです。

ご両親にも、心配をかけるからと直前まで余命のことを
伝えていなかったそうです。(ずっと1人暮らしを続けていたのです。)

後日、彼女の実家に弔問に伺って、そのときにご両親から上記のことを聞かされました。

彼女の、あの強さはどこからきていたんだろう?と
今でも折に触れて思い出します。

そして、彼女のことを思い出すたびに
少々のことで、へこたれてはいけないなと思うんです。

私も、彼女には一生かかっても追いつけそうにないです。

さくら | 2010年03月01日(月) 23:23 | URL | コメント編集

さくらさんへ

余命宣告については、すべきかしないべきか、難しい決断を求められるところです。
さくらさんの大切な友人さんのご冥福をお祈りいたします。
カモメ先輩 | 2010年03月02日(火) 06:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kamomesenpai.blog100.fc2.com/tb.php/66-c05fd083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。