All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011'12.04 (Sun)

読まないほうがいいかも。暗くなりますよ。



公園
昔からそう。

真夜中から明け方にかけての時間帯に考えごとをすると極端になってしまう。

この時間帯に作った手紙やメール、報告書などを読み返すと大抵作り直すことになる。

思い入れが強すぎて第三者に知られるのが恥ずかしい内容だから。

でも、きっと本心。

胸の内にしまい続けるのが正しいのかどうかも分からない本心。

だから少し書いてみる。



僕は僕が思うまともな愛情を受けて育ってはこなかった。

少なくとも僕はそうとっている。

親の都合以外で褒められた記憶などほとんどない。

高校、大学と推薦で決めた時でさえ嫌な思いをした。

なんでお前らだけの手柄?

思い通りにならない息子に価値はないのだろう。

余命宣告されたタイミングで捨てられた。

母が亡くなったことで父や兄との縁はほぼ切れた。

もう会うこともないだろう。

少し楽になった。

小さいころから相手の顔色をうかがう癖がある。

変に思われていないか人の心を読みたがる。

今でも変わらない。

無理な話だが皆にいいように思われたい。

そのためには輪の中で1番にならなくてはならない。

いつでも1番にとってかわれる位置にいなくてはならない。

こんなこと言いながら、それは歪んだ考えだと気付いている。

自分で自分を苦しくしている。

外野の声なんか気にする必要はない。

見てくれている人がいるんだから、それでいいじゃないか。

それが答えなのも分かっている。

「自分のことを理解してくれてる」と思う相手には頼ってしまう。

すがってしまう。

無い物ねだりやストレスをぶつけているだけだと思う。

今の職場は正直やりづらい。

時としてライアーゲームのようだ。

それはそれで面白かったりもするがそれでは前に進まない。

極端なことを言えば、責任感を放棄して面白おかしいキリギリスになれたらどんなに楽だろう。

余計なストレスを溜め込まない防衛策が僕の成長を確実に妨げている。

「このままでいいのか?」と自問自答の毎日。

心にままに現実は変えられない。

道があるだけ幸せと思うべきなのかな?

きっとそうなんだろうなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

05:38  |  消すかもしれない重い話  |  TB(0)  |  CM(21)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 07:13 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 09:18 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 13:22 |  | コメント編集

こんにちわ

カモメ先輩

人生がしんどいということは、心が豊かな証拠だと私は思っています。「幸いなるかな心の貧しきもの・・・」 残念ながら心が豊かなるものはなかなか「貧しきもの」になれないのかも。だから心の豊かなものは苦悩と悦びも人一倍大きいんじゃないかと思います。私自身、来年50歳になるけど、二十歳の苦しみは、30歳に引き継がれ、40代に引き継がれ、50歳になってもひきずっていくんだろうなと思ってます。
最近は、いいじゃん、それで、と思って生きてるけど。
カモメ先輩との共通点は、毎晩深夜にブログ記事を書いては、早朝起きてから消していることです。確かに夜中に(とくに深酒して)書いたことは一番の内面の真実です。夜中に私のブログを訪ねてくれたほんの一握りの人だけが読んでくれます。そして朝には奇麗さっぱり消し去って日常に出かけてゆきます。
そんなもんです。それはとてもけっこうなことなのでしょう。
Taka | 2011年12月04日(日) 16:00 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 16:06 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 17:52 |  | コメント編集

分かる気がします。誰からも好かれたい。人の心を読みたがる。
私も、そういう傾向にあります。
 夜中に書いた手紙は、朝読み返すと、書き直したくなるし、
夜中に考えた内容は、前向きではないし、非常にネガティブ。
 でも、それが、すべてではない・・・と思うのです。
朝になれば、少しは明るい気持ちになる、前向きになったりもする。
そういう気持ちも、自分の感情の一つだと思うのです。
 色んな感情が、自分を形成している。それは、ややこしいけど、
自分の成長を妨げているかも知れないけど、逆に、成長に寄与しているんじゃないのかなって。
 自問自答の日々。答えが出ない日々は、答えを出したい!という焦燥感に苛まれるけれど、答えは、とても簡単なものかも知れないし、
ある日突然、自分のなかにストンと落ちてくるものかも知れない。
 長年の自分の性格を変えるのは、難しいけれど、受け入れる事で、
ストレスは、少しは減るんじゃないのかなって思っています。
 感情を文章にしたり、写真に投影してみたり。
そんなカモメ先輩だからこそ、いつもキラリと光る魅力があるのかなって、思っています。
 寒くなっているので、お体気をつけて下さいね。
もふぁ | 2011年12月04日(日) 18:05 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 19:43 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 20:11 |  | コメント編集

夜に考え事をしてはいけない。おばあさんの教えだそうです。賢いと思います。
Y.G. | 2011年12月04日(日) 23:39 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月05日(月) 08:56 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月05日(月) 18:33 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月05日(月) 19:07 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月05日(月) 19:18 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月05日(月) 20:51 |  | コメント編集

こんばんは。

生い立ち、よく似てるかもね。
でも、それはそれ。。もう大人だよ。

前に進みたいなら、自分が思うように、そうしようよ。
カモメ先輩は、そうやって克服してきたんでしょ?
がんばろ。
いつも応援してるよ。
びびっちょん | 2011年12月05日(月) 21:06 | URL | コメント編集

久しぶりです!
不思議だけど、
今回の記事とカモメ先輩の事、ブログで書かなくても、そうなんだろうな。そういう生き方してきたんだろうな。とあっさり思ってた!
文面から、伝わってくるんでしょうかね。
omi | 2011年12月06日(火) 04:14 | URL | コメント編集

こんにちは!

本当にいろいろ思うことがありますが・・・
私もよく人の顔色見ては生きてきました・・・
嫌われたくない・・・その思いでいっぱいでした。

なかなか人と人とのつながりは、育った環境など違うので
分かり合えることも少ないかも知れません・・。

とにかく前を・・・少しだけ前を見て歩いているようにしています。
後ろは振り向かないで(;^-^)

ストレスと向き合うのも悪くはないのですが・・・
出来たら、いらないです!
桃咲マルク | 2011年12月06日(火) 09:15 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月07日(水) 02:17 |  | コメント編集

たまには良いのだ

道が途絶えること・・・・負のスパイラルにトラわれる事が一番怖いな
不安ならその邪悪な玉を投げればいいやん・・・・みんなの網で受け
止めるからさ・・・・それがキモチのネットワークなんやて。ハハハッ
natupapa | 2011年12月07日(水) 13:53 | URL | コメント編集

カモメ先輩です

みなさま、コメントありがとう♪
カモメ先輩 | 2011年12月10日(土) 20:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kamomesenpai.blog100.fc2.com/tb.php/638-a34fce7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |