All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010'02.13 (Sat)

頑張り過ぎない徹底抗戦! (消すかもしれない重い話)

主に化学療法(抗がん剤治療)の乗り越えかたの話。一般論ではなく、自分の場合です。
今でも、輸液ポンプを見ただけで気持ち悪くなる。またやりたいとは思わない。まあ、放射線も手術も同じですが・・・。

ズバリ!辛いときは頑張らないこと。

治療を?違います!
自分で出来そうなことでも、動くのが辛い状態なら、看護師さんや周りの人に任せてしまおう。食事の上げ下げ、カーテンの開け閉め、水を買ってきて欲しい、毛布をかけて欲しい、などなど身の回りのこと全てです。
凄くワガママな患者みたいですが、この程度のことでも、相当な重荷になるぐらい辛いときもあるんです。ここで頑張っても、辛さが増すだけ。楽になることはない。入院時に担当看護師さんか看護師長さんに相談すれば言いやすくなると思う。

「治療の手を緩めず、今を乗り切る。」

それが全て。精神力も体力も、全てこの一点に集中。他は捨てる。
抗がん剤を投与する日は、その日の午前中をいかに凌ぐか、午後をやり過ごすか、そんなことばかり考えていた。「自分のことは自分でやる」という常識は、抗がん剤で苦しいときは封印した。そのぶん感謝の気持ち、「ありがとう」の一言を心がける様にした。でも看護師さんや医師、特に相方に当たる事が多かった。ごめんなさいゴメンナサイ。

あと一瞬でも気分転換すること。一瞬でも苦しさを忘れること。
「暖かいよりも涼しいほうが楽な気がする。」「日陰がいい。」「静かな方が楽。」「ミントガムを噛むと接着剤臭い口臭が紛れた。唾液や涙にも抗がん剤が回っているなら、がんにも相当回っている。」「排尿のたび、毒素が抜けているから、体力が回復するぞ。」「早めに副作用対策の薬を出してもらったから、飲んどこう。」「今がピークだ。これから楽になる。」「もっと辛い状態もあるはず。まだ耐えられる。」「一度も吐いたことがない。自分の副作用は平均より軽いんだ。」「がん細胞を苦しめてやる。」「何クールもやってんだから、凌げる知恵がついた。」「治療の手は緩めないぞ。」「今日は週刊誌の発売日。」
ささいなことだが、心の中に「ホッとする隙間」をつくる事が、モチベーションの維持につながった。プラスの自己暗示って必要なことだと思う。もしくは何も考えない無我の境地。自分には出来ない。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

02:10  |  消すかもしれない重い話  |  TB(0)  |  CM(20)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

楽しいこと。

こんにちは。私も入院中や今、息苦しくなって怖くなった時は楽しい事や歌の事を考えて、その場を乗り切っています。
私もいずれは酸素ボンベと主治医さんから言われています。
だから、歌えるうちは目一杯歌っていたい。
シンドイ時は『次はどの歌を歌おう?』とか、今年から本番も少しずつ入れたので『次の本番は、どのドレス着ようか?』とか、そんな事ばかり。
これで、歌えなくなったら、どうするんだ?と思うけど、そうなったらどうなったで、また新しい楽しみでも見つけます。
お互い、楽しい事をいっぱい思いつきたいですね。
ほんちゃん。 | 2010年02月13日(土) 10:03 | URL | コメント編集

カモメ先輩。いっぱい書けばいいと思う。自分の為にも、同じ状態の方達の為にも、だって、こういう気持ちの持ち方、大事だもの。
omi | 2010年02月13日(土) 10:19 | URL | コメント編集

カモメ先輩さま

こんにちは^^またお邪魔しにやってきてしまいました。

カモメ先輩さま のお辛い体験を拝見させて頂き、ご免なさい、今後の参考にさせて頂きます。
辛い中・モチベーションを高く持つことは並大抵な事では無い様に思います。
勿論、周囲の方・相方様のご協力もあっての事だと思いますが、カモメ先輩さま の精神力の素晴らしい事・・・。

今日も今日とて、何を言いたいのか上手に表現出来ませんが、明日もまたお邪魔させて頂きます^^
みぃー。 | 2010年02月13日(土) 12:20 | URL | コメント編集

つらさにも身体は慣れる、心も。

こんにちは
自分は絶食入院した時に料理番組、旅行番組を見ておいしそうだなあと思ってました。
まさに料理鑑賞なのです。(ずーっと前のブログに描きました)
その時は高カロリー輸液という点滴の親分みたいなのをやって
栄養をとってたんですが何日かすると唾液があまーく感じられました。
(気のせいかも知れませんが)
人間ってちゃんと順応できるんですね。
shu | 2010年02月13日(土) 13:06 | URL | コメント編集

コメントありがとう

ほんちゃん。
omiさん
みぃー。さん
みぃー。さん

まとめての返事で失礼します。
僕の闘病中の思いが、少しでも皆様にとってプラスになるのなら、これからも少しずつ書こうと思います。告知から退院まで順序だてて書けないので、中途半端かもしれませんが、またコメントください。エスカレートして恨みつらみ的になってもお許しください。
ちょっと笑えるブログが基本路線なので、普段はふざけた内容になります。ご了承ください。
カモメ先輩 | 2010年02月13日(土) 20:40 | URL | コメント編集

この記事ずっと残してほしい

自分はうつ病で最近ようやくプラス思考が働くようになってきてどん底まで精神状態が落ちないようになってはきたんですけど、この記事はそういった精神病を患っている人達にも勇気や何かヒントになる事を感じられるんじゃないかと思います。
特に大きな病を一つ乗り越えられたカモメ先輩だから余計に説得力がある感じがします。
誰かにアドバイスや助言をしてあげる時にこの記事を是非紹介させていただきたいです。
草間弥之助 | 2010年02月14日(日) 02:00 | URL | コメント編集

草間弥之助さんへ

ありがとうございます。
カモメ先輩 | 2010年02月14日(日) 08:48 | URL | コメント編集

「頑張り過ぎない。」
体調が良くても甘えて自堕落な生活を送っちゃってます。

ただ、限度はあるのでわたしの場合、怠けすぎない勇気も必要かもです。
MOMO | 2010年02月14日(日) 14:38 | URL | コメント編集

MOMOさんへ

僕もゴロゴロしているので気をつけます。
カモメ先輩 | 2010年02月14日(日) 16:28 | URL | コメント編集

ツライ中でも

ツラさを減らそうと努力する事は、その行為での軽減はもちろん、「ツラさを軽減するにはどうすればいいか?」と考えている事そのものが結構気をそらせたりしますよね。
私は上記のshuさんと同様に絶食が続いた時があったのですが、毎日「退院したらカツ丼食う!」と言う妄想で乗り切りました(笑)

今回の記事の中の「感謝の気持ち『ありがとう』の一言の話」は忘れずにいたいと思います。
april004 | 2010年02月14日(日) 16:57 | URL | コメント編集

参考にさせて頂きます。

只今、がんと闘病中の りょんです。

抗がん剤、怖いですね、やっぱり。
私は実は病気のなりゆきで両腕に針がさせず、首と鎖骨下あたりを切って医療器具を皮膚に埋めこんで抗がん剤をすることになってしまいました。そんなこんなでゴタゴタして来週くらいから本格的に投与が始まります。(トラブルでちょっと延期になってしまいました…)

この6カ月を乗り越えれば、元気になると信じて、周りの人に甘えて頑張ってみます。

女性としては、髪の毛がなくなるのが痛いですが(;^_^A
前向きに!!
*りょん | 2010年02月14日(日) 17:40 | URL | コメント編集

役立つ言葉がいっぱい

この記事の中には、役立つ言葉がいっぱいありますね。
”ホッとする隙間を作る”
この言葉も、気持ち的にめいっぱいになっちゃっている人には、
ハッとするような一言だと思いました。

自分のHPを作っていく上でも、とても勉強になります。
■音函 | 2010年02月14日(日) 17:48 | URL | コメント編集

丁度、ブログ書いてました

april004さんへ
「感謝の気持ち」、大切なことです。言葉にしないと伝わらないことが多いので、医師や看護師さん、周りの人にも言ってください。偉そうですいません。文章が下手なんです。

*りょん さんへ
僕も「胸からのCV⇒首筋からのCV⇒胸からのポート」とあちらこちらから抗がん剤を点滴でうってました。僕は2年ほど、ツルツルでしたが「お坊さんみたい」「徳が高そう」「違和感がない」など好評でした。
僕の場合じゃ、気休めにもなりませんね(笑)。最高の結果が出るよう願っています。
カモメ先輩 | 2010年02月14日(日) 18:00 | URL | コメント編集

■音函さんへ

そう言っていただけると、とても嬉しく思います。今の僕にも役立つ言葉がないか探してみます(笑)。ありがとう。
カモメ先輩 | 2010年02月14日(日) 18:10 | URL | コメント編集

私も痛い目や辛い目や 結構いろいろ体験して
そんな人も見て
辛い時の気持ちも多少理解できるつもりだし
その経験から 随分考え方も変わってきました
ぼやきたい時はこんな場所でぼやけばいいし
看護師さんにあれこれ頼むのも 看護師さんも嫌だとは思わないし
小さな目標や発見がとても大切

誰よりも 感謝の気持ちが持てる 素敵な人間に成長しているはずですよ☆パチパチ
ぴよっちょ | 2010年02月14日(日) 22:08 | URL | コメント編集

ぴよっちょさんへ

ありがとう。でも、僕なんかまだまだですよ。
カモメ先輩 | 2010年02月15日(月) 08:40 | URL | コメント編集

はじめまして

私のところにいらしてくださってありがとうございました。
カモメ先輩の日記読ませていただきました。
「辛いときは頑張らない。」
何かを乗り越えた方でないと言えない言葉なんだなって思いました。
日記読めて良かったです。
ありがとうございました!
HannaChopi | 2010年02月15日(月) 22:50 | URL | コメント編集

HannaChopiさんへ

コメントありがとうございます。
また見に来てください。
カモメ先輩 | 2010年02月16日(火) 06:27 | URL | コメント編集

ファイトです

私の父親、肺ガンなんです。右肺を取って、抗ガン剤治療とか放射線治療とかしてました。本人も家族も、精神的にも体力的にも大変。
母親がひとつでもわずかでも前向きなことを見つけてみんなで乗り切りました。プラスの自己暗示、、納得です。
LOVE太陽 | 2010年02月28日(日) 00:26 | URL | コメント編集

LOVE太陽さんへ

僕のブログ、基本的に言ってる事は偉そうなんです(笑)。実際には、15クール越えたあたりから、藁にもすがる気持ちで、余裕も無かったかもしれません。
カモメ先輩 | 2010年02月28日(日) 00:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kamomesenpai.blog100.fc2.com/tb.php/49-0c2d92fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |