All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'10.25 (Mon)

思いのたけ(消すかもしれない重い話)

無難に赤い実
退院直前の話。
手術はした。放射線も終了した。
残るは足掛け2年は続いている化学療法(抗がん剤投与)。もう何クール目だろう?いちいち数えてなかったけど、そろそろ20クール目が見えてきそうだ。正直、あと1~2クールで白旗を上げようと思っていた。「これで最後の抗がん剤。」と点滴中はずっと思い込むようにしてた。そうしないと心が折れてしまいそうだった。
うてばうつほど苦しさが増幅する化学療法。さすがに精も根も尽き果てそうだが、再発の恐怖もあり「止める。」と言えず、機械的に迎えた次クールの抗がん剤投与の朝。
いつもの回診で主治医をはじめとした医療チームの一団が僕の前にやってきて開口一番、「血液毒性が強すぎて、これ以上の抗がん剤投与は命の保証が出来ないので治療を終了します。ここまでやればあと1~2クールやろうがやるまいが結果は変わらないです。」
あぁ、限界が来たんだ。少しホッとした。人生の中で大きな一区切りがついたんだ。ここまでやれば、(再発して)死んだってまわりも納得してくれるだろう。
治療前の希望で「緩和ケア(痛みや苦しみの緩和)は二の次でいいので(治療で)死なない程度に限界までやって欲しい。」とお願いしていた。確かに骨髄抑制が進みきって、2.3日に一回の輸血で命を繋いでいたので、そこまで限界が来ていたのだろう。
「酷なことを言うようですが、ハッキリ言います。治療中に再発は確認されませんでしたが、半年以内に再発する可能性が極めて高いので覚悟しておいてください。」
わかってますよ。もちろんわかってます。
これ以降、再発の恐怖に怯えながら、少し伸びたかもしれない人生をどう生きるかを考えたりした。
幸い今日まで再発なしだが、体調と同じく気持ちも上下した。もう死にたいと毎日泣いてた時期もある。
今でも「こんなハズじゃなかったのに。」と自分を恨めしく思うことが多々ある。
元の体に戻りたい。悩んでもどうにもならないことで悩む。不毛だとわかっていても自分自身を追い詰めてしまう。
どうしたいんだ?
元の元気な体が欲しいのか?万人に愛されたいのか?お金か?立身出世を果たしたいのか?
具体的に何の道筋もつけられない僕は何なんだろう?
きっと病気を言い訳にしてるだけなんだ。みんなに大事にされたいなんて甘い考えがあるんだ。
たまたま珍しい病気になって、たまたま手を差し伸べてくれる人たちがいて、たまたま命を失わずに済んだ。
僕自身は偉くも何ともない。感謝してもされる存在ではない。
知らず知らずのうちに何かを悟ったつもりでいたのかもしれない。反省だ。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

00:00  |  消すかもしれない重い話  |  TB(0)  |  CM(27)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 00:52 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 08:00 |  | コメント編集

私だったら・・

カモメ先輩さん  おはようございます~!

「死に気になったら何でも出来る・・」って思っていましたが、私ならきっと耐えられなかったかも知れません。

カモメ先輩さんの「精神力」は、本当に凄い~!
父親の歳まではあと7年かな・・母は長生きしたから20年近くあるよ・・・
車で山道など走っていてカーブがあると、突っ込んでくる対向車が怖くて「まだ死ぬ準備したないよぉ・・・」何て、言いながら走っていますが私だって分からない・・!

やはり「病気の負けない精神力」ってあるって思います。
頑張りましょうね (*^-^*)/゜
都わすれ | 2010年10月25日(月) 08:52 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 08:58 |  | コメント編集

初めまして。

見ず知らずの他人が、何を言っても慰めにも励ましにもならないでしょう。

でも、これだけは私の経験から言わせてください。
時には、思いっきり泣いたほうがいいです。
大人だろうが子供だろうが、男だろうが女だろうが、構いませんよ。

大声出して涙ボロボロ流して、怒ったり甘えたりしながら泣いてください。
我慢なんてしなくていいんですよ~。

幼い頃、大声出して泣いた後って、なんかすっきりしたこと今でも覚えています。
けだる~くなって、いつの間にか寝てしまったりして。


人間が神から与えられた「自浄行為」なのかもしれませんね。
私も真夜中に一人でメソメソ泣いたりしますよ。
「と~ちゃん、かあちゃ~ん、ば~ちゃ~ん!」って。
こども返りですよね。
すっきりします。

カモメ先輩、応援してます.

陽花 | 2010年10月25日(月) 08:59 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 09:49 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 10:05 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 10:31 |  | コメント編集

はじめましてデス!!

私の方へのコメントありがとうございました。
大きな病気をしたことが無いので、カモメ先輩の苦しみだとか想いだとか・・・分からないというか、実感できない自分です。
でも、ここに載せている写真とかカテゴリ「思い出の1ページ」は好きですよ。特に『桃太郎さん、ごめんなさい』は爆笑しながら読ませていただきました。
また、思い出の1ページ書いてください。

ちょくちょく、お邪魔させていただきます。

八重yamabuki | 2010年10月25日(月) 11:34 | URL | コメント編集

はじめまして♪

こんにちは。
私にブログにご訪問&コメント、ありがとうございます。

> 知らず知らずのうちに何かを悟ったつもりでいたのかもしれない。反省だ。

自分に厳しい方なんですね。
私は入院するような病気をしたことがないので、カモメ先輩さんの思いは想像することしかできませんが・・・。

八重yamabukiさんのコメントを読んで、私も「思い出の1ページ」を読ませていただきました!
『桃太郎さん、ごめんなさい』、私も爆笑でした!

写真も素敵ですね♪

また、遊びに来ます(^o^)
aoakaki | 2010年10月25日(月) 12:46 | URL | コメント編集

普通に生きたい!

こんにちは

本当に、そうだよね。毎日を普通に、普通に生きたいね。
が、其れさえ許されぬ身体があって・・・
大手術こそしていませんが、治る見込みのない病気。

世の中には 大小色々な病気を抱えて生きてる人は
沢山・沢山いるのでしょう。
泣いた日も 死にたいと思った時もあったけど、只々
惰性で生きてます。

コメント返しも出来ないうちに死んでしまったらどうしよう!
時々 ふぅ~と、思ったりして。

カモメ先輩さんも、辛い事はブログに吐き出して下さいね。
そらまめ | 2010年10月25日(月) 13:29 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 19:01 |  | コメント編集

こんばんは。
久しぶりにコメントさせて頂きます。

『感謝してもされる存在ではない。』??

そうでしょうか?

私にとって、貴ブログはすごくいい刺激を戴いてますし、感謝もしています。

また何より、カモメ先輩さんを取り巻く実生活の中の皆さんは、口には出さずとも、カモメ先輩さんが必要と思う皆さんは、同じように貴殿を必要とされていると私は思う。

何より大事なのは、今のご自分にまず『胸を張る』ことだと私は考えます。

それぞれの境遇、それぞれのフィールドの中で皆さん過ごされていますが、その中のベストな奮闘をご自分で是非褒めて上げて頂けたらと。。

・・すみません。生意気で。。

お互い頑張りましょう!!!
クルみつ | 2010年10月25日(月) 21:08 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 21:57 |  | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月25日(月) 22:11 |  | コメント編集

なんっていったらいいんだろう。なんか軽はずみに言えないですけど
生きてることが大切だって気がします。
どうしたいんだろうって絶望することも私もよくあるけど
きっと私なんかより、ずっと深いところで思ってるんでしょうね。
いろんなことを考えていらっしゃるんだと思います。
いろんなことを書いてください。
まなみ | 2010年10月25日(月) 22:44 | URL | コメント編集

★こんばんは★

わからない。
先輩と同じ痛みをあじわった事もないし
先輩と同じ思いをした事もないし
マルコは先輩じゃないから
わからない。
何かメッセージを残したいけど
何を書けばいいのかわからない。
★マルコビッチ★ | 2010年10月25日(月) 22:56 | URL | コメント編集

カモメ先輩は凄いですよ!

私の日記の内容はカモメ先輩にしてみたら不快に思う事が多いかもしれないのに…いつも訪問有難うございます(TへT、)

うまくいえないけど
甘えさせてくれる人がいるのなら
思い切り甘えてもいいかと思います(゚ー゚;)(。_。;)ウンウン
マタタビー | 2010年10月26日(火) 00:21 | URL | コメント編集

見ている、つもり

あなたのことを、見ています。
いつも、ではないのですが。
只野乙山 | 2010年10月26日(火) 00:21 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010年10月26日(火) 13:33 |  | コメント編集

生かされてますね。きっと…・カモメ先輩が答えを出さずとも、。答えを求める姿勢が、向かう姿勢が・・・。生きるということなのかもしれない。
omi | 2010年10月26日(火) 19:49 | URL | コメント編集

カモメ先輩です。

みなさま、コメントありがとうございます。
まとめての簡単な返事で申し訳ないですが、今回はこれでご容赦ください。
また来てください。
カモメ先輩 | 2010年10月26日(火) 21:40 | URL | コメント編集

緩和ケアを二の次にして、癌とめいっぱい闘った・・・カモメ先輩はすごいと思います。
若いから出来た事なのか、まだやり残したい事がいっぱい残っていたから、神様はあなたをこの世に生かしてくれたんだと思います。
無宗教の私ですが、両手から溢れるほどの愛と幸せがカモメ先輩に降り注ぎますように願っています。
さくらかあちゃん | 2010年10月26日(火) 22:08 | URL | コメント編集

それでも貴方は生きている。すばらしい。
atakou | 2010年10月27日(水) 13:21 | URL | コメント編集

僕みたいなペーペーがカモメ先輩に助言出来ることは何もないが。

間違いないのは、あなたから生きる勇気を貰っていること。           
→あなたのブログに出会えて良かったなと心から思います。
pacu | 2010年10月29日(金) 19:49 | URL | コメント編集

・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん


北虹鱗 | 2010年10月30日(土) 16:29 | URL | コメント編集

数えてみた。

おはようございます。
がんでもなんでもない自分が、
昨日だけで21回も「死にたい」と呟いている。
そのうち一回は声に出ていた。
本当はブログにもツイッターにもこの気持ちを書きなぐりたい。
でも無理、誰も来なくなるし不快だろうし離れてゆく。
少々の不遇を嘆き「死にたい」なんて思うのは、
贅沢ですよね^^;
カモメさんに比べれば・・・
カモメさんは素晴らしく力強く感じる!
これからも、頑張りすぎずに、頑張ってください。
有り難うございました。
店長 ♪ | 2011年03月01日(火) 08:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kamomesenpai.blog100.fc2.com/tb.php/318-3798fd08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。