All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.26 (Wed)

誰かの命のために (消すかもしれない重い話)

「ご協力願えませんか。」

手術前。手術と輸血の同意書にサインしたときのこと。
医師から新たに差し出されたのは、検体の提供と研究への同意書だった。

横紋筋肉腫(胞巣型)。
このがんは珍しいものなので、検体が少なく謎が多いらしい。
医学の発展のために、手術で切除した細胞を、遺伝子(DNA)解析などの研究に使いたいとのこと。

ヒトゲノム?まぁ僕に不利益は無い。むしろいい話だと思う。
ダメもとで聞いてみた。
「その研究で、僕が恩恵を受ける可能性はありますか?」
はっきり答えてくれた。
「残念ながら・・・。何十年か先の誰かが恩恵を受ける可能性はあります。」

ですよね・・・。答えは決まっていたのでサインした。
このサインにより、誰かの生きる道がほんの少し開ける。命のバトンを繋いだようで心が晴れた。
解剖だって望むところだ。そうすれば死んでも闘える。
僕が負けても、いつの日か人類の力で勝ってほしい。本気でそう思った。

考えてみれば、僕の命も先人たちが繋いでくれたものだ。
「抗がん剤」「放射線」「手術」など、尊い犠牲のうえに確立されてきた治療法の恩恵を受けている。
サインしたことで、少しは人類に貢献できたかもしれない。

数十年後の誰かさんへ。
僕は生きている。アナタも勝つんだ♪
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 心と身体

05:00  |  消すかもしれない重い話  |  TB(0)  |  CM(39)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

しかし辛いことですね。

カモメ先輩さん おはようございます~!

仙台にお住まいだったと仰っていたから、ありのまま舎を知っていらっしゃるかも・・?

「筋ジストロフィー」患者らが作った、社会福祉法人で「三笠宮寛仁親王殿下」が総裁を務められています。
今の専務理事さんは「山田富也さん」と言い、山田3兄弟の末弟で25年位24時間人工呼吸器使用です。
私も後援会会員になっていますが、ここで発行される書籍はみんな重いものばかりです。
私は今のところ大きな病気はかかえてませんが、これから何かあった時同じ選択ををすると思います。

色々考えさせられました・・ありがとう~!
都わすれ | 2010年05月26日(水) 06:41 | URL | コメント編集

カモメ先輩お早うございます!

すばらしいです!

この記事読み、なんか勇気が出てきましたよ!

私は、今日一日を全力でがんばりますよ!
gmiyaka4 | 2010年05月26日(水) 07:08 | URL | コメント編集

私だったら どうかなと
考えてみると
今の自分しか 考えられれず
きっと なかなか返事がでてこないかも。

カモメ先輩 すばらしいです。
カモメ先輩のような ヒトがいるから
医学は 発達していくんですね。
あぴこ★ | 2010年05月26日(水) 07:32 | URL | コメント編集

おはようございます。

単なる同意ではなく、人類の英知、想いを引き継ぐ大事なサインであります。
先輩、書いてくれて、伝えてくれてありがとうございます!

何度でも言いますが、お話、決して消さないでくださいね!
おやぢパパ | 2010年05月26日(水) 08:56 | URL | コメント編集

ありがとうございます。
本当に こうやって 今の医療の進歩があるのですね。
そしてこれからへと・・・
感謝です。
さくら | 2010年05月26日(水) 09:19 | URL | コメント編集

おはようございます。

以前、親戚の人も献体にサインを求められたと聞きました。
ただ、その人はもう意識が無かったので、誰かの役に立つならと遺族がサインしたようです。

私のおばあちゃんは、闘病中にいろいろな新薬を試されたらしく、実験台やった・・・と聞かされました。

どうなんでしょう・・・受け止め方は人それぞれですが・・・それでも、誰かがそうやって立ち向かう必要があるんですよね?人類の為に。

カモメ先輩のように闘ってくれる人達がいてくれるから、今の医学の発展もあるのですよね!

保険証の裏にある臓器提供欄にサインをする勇気の無い私ですが、これを機会にちゃんと考えてみたいと思います。
かまちゃん2009 | 2010年05月26日(水) 09:24 | URL | コメント編集

>サインしたことで、少しは人類に貢献できたかもしれない。

このブログを呼んでいる方には
貢献してると思いますよ
少なくとも
僕には貢献してますo(*^▽^*)o~♪
加夢 | 2010年05月26日(水) 09:45 | URL | コメント編集

おはようございます(*^▽^*)

数十年後の誰かが、カモメ先輩のブログを見ているかもしれませんね(*^ω^*)

『臓器提供意思表示カード』にサインして持っていますが、
いずれ私の臓器で、誰かの命に繋がるといいなぁ

レオパ嫁 | 2010年05月26日(水) 10:49 | URL | コメント編集

色々な意味での 価値ある同意書。
医学の発展の為に、検体者の想いが込められた大切なサインと
メッセージが込められているような気がします。
このような体験をなさった先輩は、何も知らずに平坦な道を歩く人
よりも、とても大きな命の価値を身につけたんだと思います。
ご立派です。勝ち続けて、日々を過ごしてください。
私も障害者…だけど死が直結している訳ではないけれど
アイバンク・臓器提供には登録しています。
先輩のブログ公開にして、読んだ人達もまた
命の重さ、未来への自分の在り方を実感するんじゃないでしょうか?
少なくとも、私は感じました。
ありがとう先輩。私も見習わなくちゃ…
「☆」 | 2010年05月26日(水) 10:53 | URL | コメント編集

何とかは天下の回り物

世界のどこかでの検体が回りまわって
カモメ先輩を助けるかもしれませんよ。
shu | 2010年05月26日(水) 11:41 | URL | コメント編集

はじめまして

はじめての訪問でコメントは控えようかと迷ったのですが・・。

あなたのような方にずっとずっと元気でいて頂きたいです!

ずっとずっと一緒にがんばっていきたいです!

上の方がコメントされているように、回りまわってカモメ先輩を助けることを祈って、信じています。
三代目 | 2010年05月26日(水) 12:12 | URL | コメント編集

インド哲学では、肉体は借り物、魂は永遠と説いているけど、頭で理解しても現実はそう簡単に割り切れるものではない。

命の尊さを改めて感じました。ありがとうございます。

全部応援させていただきました。
月 | 2010年05月26日(水) 14:10 | URL | コメント編集

こんにちは

カモメ先輩、ありがとうございます。救われた思いです。
母が倒れた時、命を救ってほしくて少しでも可能性があれば、ありとあらゆる治療を受け入れました。
それでも当時の医学の力では、母の命は救えませんでした。
私と姉は母が亡くなった時、解剖と心臓・肺を提供することに同意しました。
周囲から鬼のような娘と言われました。
母の死を無駄にしたくなかったし、私達のように悔しく悲しい思いをする人がなくなればと、主治医の申し出を受けたのですが、20年経っても自分の中では痛みが残っています。
でも、カモメ先輩の言葉で、母の最後の頑張りは、きっと人類の役にたっている!そう信じることができそうです。本当にありがとうございます。
みーちゃん | 2010年05月26日(水) 16:20 | URL | コメント編集

そうですよね^^
尊い犠牲で今の病気の治療はなりたってるのですよね。
姫っちの今やってる治療法も完治率は半分ほどなのですが
それでも40~50パーセントという数字があるのは
その病気で戦ってきた多くの方たちのおかげだと思うし
研究のおかげだと思ってます^^
姫っちも無事完治したら・・また治る確率あげられますしね♪
未来へつなげていきましょう!
姫っち | 2010年05月26日(水) 16:46 | URL | コメント編集

気持ちはあっても。。

私も「臓器提供意志表示カード」にはサインをしていました。
だけどもう使えなくなりました・・・(涙)
死んでも役に立てないのか~とちょっと悲しくなりましたね・・・。
こんな私でも他の方法で役に立てることがあるのかな?
未来の人のためになるって、すごいことですね。

koharu! | 2010年05月26日(水) 16:49 | URL | コメント編集

すみません。

↑・・・すみません、「はじめまして」のコメントなのに
挨拶すらしておりませんでした。。。
失礼したしました。。
「はじめまして。時々読み逃げばかりしておりました。。
これからも、お邪魔させていただきます!
よろしくお願い致しますv-436
koharu! | 2010年05月26日(水) 16:54 | URL | コメント編集

引き寄せられるように読んでしまいました。
難病の特定疾患の認定を受けている患者さんが抱える病気は、原因が分からない為に治療方法も確立されていない事が多いです。
その為に、患者数が多いほど研究の対象になるけれど、患者数が少ない難病は研究対象になりにくい為に特定疾患に認定されない事が多いと聞きました。

カモメ先輩のように大きな手術の前にサインを求められたら、潔く人の為と割り切ってサインをするかどうか、今の私には答えられませんが、そうでありたいと願います。


さくらかあちゃん | 2010年05月26日(水) 17:21 | URL | コメント編集

医学について考えさせられます。

こんにちわ。
カモメ先輩のような方達が今までにも大勢いらっしゃったから、今の私達があるんですよね。その昔は不治の病だと言われていた病気も、今では完治したり、進行を遅らせることが出来るんですね。

私の高齢の親戚が、医者からデメリットを説明されずに献体の契約書にサインすることになりました。薬を飲んで数日後に動けなくなり、緊急入院、約1年間は話すことも顔の筋肉を動かすことも出来ない状態になり、調べた結果、献体用新薬の副作用でした。具合が悪くなって直ぐに薬を止めたこともあり、幸いにも今では普通に暮らせるようになりましたが、私達親族は病院を恨むような想いでした。

カモメ先輩のように前向きに、「誰かの為の行動だった。その為の出来事だった。」と考えるようにしようかな。今ではその親戚も元気ですし、「あの時は酷かった。」と人に話せるくらいにまでなりました。あの新薬は、親戚の副作用の強さから、何らかの研究が再度施されたことでしょう。そして、これからに活かされるのだと思います。

lily wolfganf | 2010年05月26日(水) 17:38 | URL | コメント編集

私の母が亡くなった時、解剖・臓器の提供を求められました。
まだ息を引き取って10分もたたない内の事でしたが、残された私たちはすんなり同意しました。
それは母が生きていた頃、母の祖父が昔では珍しい病気で亡くなったため献体した事を、とても誇らしい事として語っていたからでした。
死んだ後でも、人の役に立てた事を喜ばしく思ってくれていると思います。
ただ、戻ってきた遺体の喉元からがっちりテープで固定された傷跡、遺体を安置していた場所に漏れ出た体液を見た時は、なんとも複雑な気持ちになりました。
メイ | 2010年05月26日(水) 17:45 | URL | コメント編集

(´;ェ;`)
ちぐ | 2010年05月26日(水) 18:09 | URL | コメント編集

すごいと思います。
それによって救われる方も多いと思います。
日本はの医療は海外に比べ日本を大事にするがゆえに海外より医療が遅れている部分があると聞きました。
日本の医療の発展につながっていくといいと思います。
pentasu☆ | 2010年05月26日(水) 19:10 | URL | コメント編集

なんか感動しました。
だから消さないで もっと沢山の方々に読んでもらってください。
mucchis | 2010年05月26日(水) 20:34 | URL | コメント編集

あなたは、とても高い位置にある方です。

G1 | 2010年05月26日(水) 20:34 | URL | コメント編集

カモメ先輩のバトンは、ずっと先に繋がれているのですね!
このような医療の研究に、税金を使って頂きたい・・・・

カモメ先輩の記事を読んで思い出したのですが、
私も子供を産む時に、胎盤と血液を、研究材料に欲しいと言われ、
提供しました。(危うく、へその緒まで全て持ってかれるところでしたが・・・(笑))
低出生体重児(未熟児)で生まれたものだから、どうしてこのような子供が生まれてくるのか?等の研究に使うそうです。もう、16年も前ですが・・・少しは役にたったのかな~(^_^;)
アリ母ちゃん | 2010年05月26日(水) 20:57 | URL | コメント編集

考えさせられますね

こんばんは。
私も先日難病で近親者をなくしました。
まだまだ解明されてない病気だけに、
大学病院では、いろいろ検査もされたと言っていました。
でもそのおかげで、つい最近原因となる遺伝子が見つかったというニュースを聞きました。
すでに、帰らぬ人ですが、これから同じ病気で苦しむ人の
役に立ったのだと思います。
そうして命をつなげて行けると考えたら、素晴らしいことだと思います。
とうき | 2010年05月26日(水) 21:29 | URL | コメント編集

朝、出勤する前に立ち寄り・・・
夜中またお邪魔し・・・
・・・ありがとう・・・

体調は・・・大丈夫?
ゆうマー | 2010年05月26日(水) 23:26 | URL | コメント編集

★こんばんは★

先輩はかっけぇ。
★マルコビッチ★ | 2010年05月26日(水) 23:39 | URL | コメント編集

こんばんわ

拝見して、涙が止まりません。
そして、言葉も見つかりません。でも、読み逃げもしたくない。
私の中で処理しきれません。
じゅりー | 2010年05月26日(水) 23:40 | URL | コメント編集

こんばんは♪

死んでも戦える。

頭では理解できても、心は納得できるかどうか。
カモメ先輩、あっぱれですv-91
涙が止まりませんでした(^^ゞ
りん | 2010年05月26日(水) 23:55 | URL | コメント編集

こんばんは。

私なら、どうするだろう。サインするのだろうか?と考えてしまいました。

今の私には答えがでませんが、
私も同じような決断に迫られた時は
カモメ先輩のような決断が出来る人間でありたいと思います。
カオリちゃん | 2010年05月26日(水) 23:59 | URL | コメント編集

僕は始まった直後にドナーカードを作りました。
もちろん全て提供するようにしました。
そして母のサインをつけています。
死んで誰かの役に立ちたいと考えるのは、とても尊い事だと思います。


いつもお世話になっています。
本日も日付が変わりましたので全て応援させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
m(_ _"m)ペコリ
あっちゃん先生 | 2010年05月27日(木) 00:12 | URL | コメント編集

ありがとうございます。
なんか胸がいっぱいです。
わたしは医学者のはしくれなので、御検体を解剖させていただくことがあります。
御検体の方の意思、御家族の意思、たくさんの思いを預かって、感謝しながら触らせていただいてます。
亡くなってしまった体ですが、その強い意志・志は、後の医療を変える力となって、生き続けています。

でも一番の願いは、カモメ先輩が生き続けること。
これは絶対です。

まとまりのない文章で恐縮ですが、率直に思ったことを書きました。

ダフク | 2010年05月27日(木) 00:38 | URL | コメント編集

コメントありがとう カモメ先輩です

皆さま、おはようございます。

個別のコメント返しでないことをご容赦ください。

「消すかもしれない重い話」シリーズは書いてて気持ちのいいものではなく、読み返しもしないのですが、書いて良かったと思いました。
皆さまのコメントが励みになります。
ありがとうございます。
                 カモメ先輩
カモメ先輩 | 2010年05月27日(木) 05:21 | URL | コメント編集

おはよう~♪

一つ、下の記事からです。

お辛いですよね。
日々、病気と闘っていらして・・・。

私は、手術することで、悪かったことを、解決し、取り除く事で、
今の健康を手にしてます。。。
この2年で3回手術しました・・・。

私は、何も研究に使われるような、病気ではありませんが、
臓器提供意思表示カードを、常に、持ち歩いています。。。
私に、何かあったときは、私の内臓使えるものは
すべて、何でも使っていただきたい思いなのです。

カモメ先輩さんの、前向きなお考えは、
きっと、たくさんの方に、勇気を与えてくださったと、
思います・・・♪

どうぞ、しんどいときは、ゆっくりお休みになって、
お大事にしてくださいね。。。
ロイスト | 2010年05月27日(木) 08:59 | URL | コメント編集

ロイストさんへ

今は平気ですよ♪
カモメ先輩 | 2010年05月27日(木) 11:32 | URL | コメント編集

ビックリしました。

はじめまして。

病名を見たとき、思わず手が止まってしまいました。
・・25年前にまだ中学2年だった弟が発病した病名が*横紋筋肉腫*でした。頑張って1年間闘病生活を送りましたが亡くなりました。
それから今までこの病気の方に、この病名に出会った事がありませんでした。
弟が入院していた病院は、大学病院だったので検体の提供と研究の同意書を書き亡くなった時も解剖しました。
両親もこんな病気が無くなるように・・とサインしていました。
それからの私は病院=死というトラウマができてしまいましたが、同じ病気でも頑張って生活しているかもめ先輩のブログを読ませて頂いてとっても嬉しい気持ちになりました。
なっちゃん | 2010年07月15日(木) 22:33 | URL | コメント編集

なっちゃんさんへ

はじめまして。
弟さんの命が今の僕を救ってくれたのかもしれません。
こんな簡単なコメントではとても足りませんが、ありがとうございます。
カモメ先輩 | 2010年07月15日(木) 22:49 | URL | コメント編集

初めまして

時々ブログを読ませて頂いておりました。
私も最初の手術の時にそんな書類にサインをした覚えがありますが、
当時は周りのことなんて考えられず何の気なしにサインしたと思います。

最後の言葉とても心に響きました。
私もそんな風に思えたら今よりもっと頑張れる気がします。

皆さんもおっしゃってますが、記事消さないで下さいね。
私にはこのカテゴリの話が一番考えさせられて身になります。

良いお話をありがとうございます^^
おおこう | 2012年03月09日(金) 10:48 | URL | コメント編集

おおこうさんへ

はじめまして。
とりあえず消さずに残します。
また読んでください。
カモメ先輩 | 2012年03月10日(土) 14:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kamomesenpai.blog100.fc2.com/tb.php/162-849457ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。