All archives    Admin

12月≪ 2013年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'01.26 (Sat)

小さな男

なにかとなにか
今に始まったことではないが「私は人としての器が小さい」・・・と思っている。

言うなれば猜疑心と被害妄想が服を着てウロウロしているような感じだ。

今日こんなことがあった。

仕事帰りに電車に乗っていたときのこと。

僕は立ってたんですが、某駅で電車が止まり、誰かが座っていた優先席にピンクの手帳らしきものが残っていた。

(あぁ、誰か落としたな。)

そう思ったが、

(なんかまわりに盗まれてると思われてもヤダな。)

と思ってそのままにしていた。

いま思えば、盗む気なんてないのに、そう考えてしまう思考回路が間違っているのだが、その時はそう思った。

そして、新たに何人も乗ってきて空いてた座席はほぼ埋まった。

(みんな気づいてるはずなんだけどな。やっぱり拾おうかな。でも今更だよな。)

そう思っていたら、その手帳らしきものを手に取ったおじいさんが、

「これはどなたのですか?」

的なことを言いながら僕の前で中身を広げた。

すると、PASMOらしきものが見えたので、

「多分、いま降りた人のじゃないですか。」

と答えた。

すると、乗ってきたばかりのおじいさんは、大変とばかりに発車前に電車を降りていった。

なんかとっても気まずい。

分かってて見過ごしたってことだもんね。

僕が拾って電車を降りて追いかければよかった。

目の前に座ったおばちゃん3人が

「いい人ねぇ。」

と口々に言ってたが貴女たちも気づいてたよね。

いや、そんな風に思ってしまう自分の狭さにいたたまれなくなった。

病んでるのは体より心のほうだ。

次からはちゃんと行動に移そうと反省した。
スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活 - ジャンル : 心と身体

19:05  |  僕は“がん”の経験者  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。